読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父さん がんばる。

仕事に、家事に、子育てに。 がんばる父さんの絵日記

記事一覧 ブログをはてなブックマークに追加 facebookページへ feedlyで購読する rssを表示 お問い合わせ

【4コマ漫画】子どものコスプレに否定的な父が、娘のプリキュア姿を見た時の話(2012年)

過去4コマ(2012年) 育児のこと 娘(はーちゃん) 母さん(おかあちゃん)

f:id:jhkblog:20161003085228p:plain

デパートのエレベーターの扉が開くと

甲冑姿の戦国武将たちが姿を見せた。

その時の子どもたちの表情は

今でもよく覚えている。

 

 

f:id:jhkblog:20161003085239p:plain

 

(2012年6月11日公開)

 

 曲がったことが大嫌い。直球勝負な母さんにとって左右キッチリわかれた前髪じゃないと調子がくるうんだとか。そんな設定あったんだね。

 買い物に行っても、買い忘れが続出。掃除が手際よくはかどらない。晩ごはんの献立が決まらない。美容師さんの提案で、前髪をおろしてからというものしばらくは、何をやってもダメダメだったそうな。

 

 

f:id:jhkblog:20161003085250p:plain

 

(2012年6月19日公開)

  

 

 2歳でプリキュア・デビューを果たしたはーちゃん

家族で出かけたショッピングセンターのゲームコーナーの片隅に設置された「プリキュア なりきり スタジオ」で、憧れのキュアマーチの姿なりたいと訴えました。

 大勢の人に見られるなか、恥ずかしさと変身願望の葛藤の中で揺れるはーちゃんの姿に、父さんキュンときちゃいました。

 私は、子どものコスプレに否定的・・・だったはずが。

 

 

f:id:jhkblog:20161003085258p:plain

 

(2012年8月12日公開)

 

 デパートのエレベーターのボタン押しは、はーちゃんが担当します。「上」「下」を指定するとそのボタンを押してくれます。この日も5階で母さんと子どもたちは、エレベーターが昇ってくるのを待っていました。

 ドアが開くと・・・甲冑姿の戦国武将が、続々とエレベーターから出てきました。そして、はーちゃんたろちゃんに「さようなら~」「さようなら~」と、おのおのが手を振りながら笑顔であいさつ。ふたりは、きょとんとしながらしばらく状況を把握できなかったというお話。

 エレベーターから出てきた武将たちは、タイムスリップした伊達政宗公ではなく、この日デパートでのイベントを終え、控室に向かう伊達武将隊のみなさんでした。

 

 

 

「スタイリング」や「コスプレ」に関する4コマ漫画3本。

 あの日以降、母さんは、前髪のスタイリングを変えることはありませんでした。

 はーちゃんも、七五三などで衣装を着て写真撮影することが苦手(好んですることはなくなった)になりました。でも、そこは女の子。洋服やアクセサリーなどオシャレは大好きで、買い物に出かけてもいろいろな洋服に興味津々です。

 

 写真を撮られるのはイヤだけど、

 はーちゃん、オシャレには手を抜かない。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブクマやコメント、リツイートなどのリアクションをいただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします。