読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父さん がんばる。

仕事に、家事に、子育てに。 がんばる父さんの絵日記

記事一覧 ブログをはてなブックマークに追加 facebookページへ feedlyで購読する rssを表示 お問い合わせ

材料は工作用紙だけ。可愛い「トコトコお馬」の工作を息子とつくってみた【メイキング動画アリ】

まとめ つくってみた

f:id:jhkblog:20160925171440j:plain

母さんはーちゃんは、買い物に出かけた。

父さんたろちゃんは、お留守番。

「工作したい」とたろちゃんが言うので

父さんとっておきのヤツを一緒につくりました。

 

目次

 

準備するもの

使う材料は、3cm×15cmの工作用紙だけ。

f:id:jhkblog:20160925171449j:plain

 工作用紙のほかは、工作に使う道具だけ。カッターとものさし、油性ペンとボールペン(↑撮影漏れ)などを用意します。

 

工作用紙を切り取り、馬の形に

f:id:jhkblog:20160925171456j:plain

 工作用紙のマス目を使って、上の写真の黒い線と同じように油性ペンで線を引きます。さらに、赤線のところはボールペンで線を引いておきます。

 今回写真では説明用に赤線を引きましたが、実際はボールペンで線を引いてください。あらかじめボールペンで線を引いておくことで、工作用紙を折りやすくなります。

 線を引いたら、黒線にそってカッターで切ってください。真中が胴体、上と下は縦に切り込みを入れることで、4本の脚や頭、しっぽの部分になります。

f:id:jhkblog:20160925171508j:plain

 マス目の方がお腹側になるように、工作用紙を折ります。

 

前脚の細工がトコトコ歩くミソ。

 f:id:jhkblog:20160925171515j:plain

 あっという間に馬の形になりました。でも、このままでは坂道を降りてくれません。ここで、前脚にちょっとした細工をします。

f:id:jhkblog:20160925171522j:plain

 前脚の外側の角を少し切り取ります。これだけで、お馬がトコトコ坂道を降りるようになるんです。不思議ですよね。

 

せっかくなので、たろちゃんに色塗りをお願いした。

f:id:jhkblog:20160925171529j:plain

 父さんの作業を見つめるたろちゃんのキラキラしたまなざしが眩しかったので、色を塗ってもらうことに。父と息子の共同制作父さんの夢が叶った瞬間です。

f:id:jhkblog:20160925171606j:plain

 こうして、15分くらいでトコトコお馬が完成しました。簡単なので、4歳児と一緒でも楽しく作ることができました。

 

坂道をトコトコ降りる姿が愛らしい

坂道には、木の板がおススメ。いざテスト走行【動画】

f:id:jhkblog:20160925171537j:plain

 早速、坂道をつくってテスト走行です。坂道に使うのは木製の棚の仕切り板。表面がざらざらしていていないと、お馬の脚が滑ってしまうので注意してください。

 もしかすると、最初はうまく歩いてくれないかもしれません。そんなときは、4本の脚の折り目や、前脚の細工を微調整してください。

 

どうしてトコトコ降りるのか。

 トコトコお馬の動きの秘密は、正面から馬の動きをみるとわかります。前脚の細工によって馬は左右どちらかに傾いてバランスを崩します。その瞬間、反対側の前足が、坂道から離れ、工作用紙の折り目の反発力で脚がちょっとだけ前に出ます。

 すると今度は重心が前脚の出た方に偏り、馬は反対側に傾きます。これをくり返しながら、馬はトコトコ坂道を降りていきます。

 前脚の細工と、紙と板の摩擦によって馬の重心が絶妙のタイミングで変化する。驚きのメカニズムです。

 

メイキングと応用作品をまとめてみた【動画】

  恒例のメイキング動画です。色塗りをするのはたろちゃん。動画後半の作品は悪ふざけです。

 

 作品が重くなると、バランスの調整が難しくなるので、あまりお勧めしません。ノーマルの「トコトコお馬」はとっても簡単ですので、みなさんも挑戦してみてください。

 最後に、今回ご紹介した「トコトコお馬」は、気仙沼に住んでいた時に教えていただいたもので、考案者は青森県にお住いの野呂茂樹さんということです。野呂さんのホームページにはこのほか、様々な実験工作が紹介されていますので、是非ご覧ください。

科学工作&科学マジック

先生はマジシャン

先生はマジシャン

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブクマやコメント、リツイートなどのリアクションをいただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします。