父さん がんばる。

仕事に、家事に、子育てに。 がんばる父さんの絵日記

記事一覧 ブログをはてなブックマークに追加 facebookページへ feedlyで購読する rssを表示 お問い合わせ

封筒で作ってみた。意外とリアルな”封筒魚”の作り方【メイキング動画追加】

f:id:jhkblog:20160502004919j:plain

魚を愛してやまない息子のために作った

封筒を使った魚のクラフトをご紹介。

名付けて、封筒魚!!

ネーミングに一切ひねりナシっ。

 

今回、封筒魚のメイキング動画を

追加しました。

動画だけご覧になりたい方は

目次のリンクからご覧ください。

 

目次

 

準備するもの

f:id:jhkblog:20160502004950j:plain

封筒:普通の魚なら長型4号がおススメ。

ポスターカラー:POSCAが使いやすい。

油性ペン、はさみ、セロハンテープ、

のり(orボンド)、目玉、魚の図鑑

 

要練習。封筒の角を使って頭の部分に加工する。

封筒を魚の形に切り取る。

「キンキをつくって!」というマニアックな息子のオーダーを受け、今回は洋形2号の封筒を使います。洋形の封筒を使うときは、のりであらかじめ封をしておきましょう。ちなみに、キンキ(正式にはキチジ)は息子の大好物。

f:id:jhkblog:20160502005518j:plain

封筒の角が頭になるように、図鑑を見ながら鉛筆でざっくり形を書きます。ポイントはお腹の部分を対角線の方向に直線で書くことです。

 

f:id:jhkblog:20151109015006j:plain

線に沿ってハサミでカットします。えらぶたになる部分も切りこみを入れます。

 

いきなりヤマ場。折り目を作って口を作る。

角をつぶして三角形を作るように折り目を作ります。文章では説明しにくいので写真でイメージしてください。これ意外と難しいんです。

f:id:jhkblog:20151109015007j:plain

こんな感じで折り目をいれて・・・

 

f:id:jhkblog:20151109015008j:plain

こんな感じに口を作ります(説明になってない)

封筒魚の魚っぽさは頭の部分で決まるので、何度か練習してから本番を始めましょう。

 

色を塗る。中身を詰める。貼り付ける。

口をうまく折ることができたら、いったん元に戻します。ここで、鉛筆の下書きを消しておきます。

f:id:jhkblog:20151109015009j:plain

図鑑を見ながら、キンキっぽくなるように着色していきます。そうそう、裏面も忘れずに。

 

f:id:jhkblog:20151109015010j:plain

頭に部分を再び折ってから背中側をセロテープで貼りあわせます。そのあと、新聞紙やチラシを丸めて中身を詰めていきます。

 

f:id:jhkblog:20151109015011j:plain

むなびれは、封筒の切れ端を活用。目玉は書いてもいいですが、手芸用の目玉のほうがリアルな仕上がりになります。

 

f:id:jhkblog:20151109015012j:plain

形を整えれば、封筒魚Typeキンキの完成!!
「おとうさん、すごいっ!」って息子に頭をなでられました(笑)

 

まとめ:作り方をざっくりと。

封筒魚はこうして作ります。【動画】

ナンヨウハギのメイキング動画を作りました。※注意:動画はBGMが流れます。

 

作り方をまとめてみました。

f:id:jhkblog:20151109015014g:plain

封筒魚のキモは、何と言ってもあたまの部分。アゴの感じやえらぶたの開き具合。前から見ても結構リアルです。

f:id:jhkblog:20151109015013j:plain

 

この日は4種類(キンキ、サンマ、ヒラメ、クマノミを作ってみました。

f:id:jhkblog:20160502004919j:plain

所要時間は全部で3時間くらい。急いで作った割にはなかなかの出来栄え。これからも時間を見つけて、いろいろな魚を作ってみたいと思います。

 

過去に作った封筒魚たち

f:id:jhkblog:20160502012250j:plain

▲Typeホンソメワケベラ

 

f:id:jhkblog:20160502012253j:plain

▲Typeデメニギス…アイスクリームのフタとビー玉を使用

 

f:id:jhkblog:20160502012254j:plain

▲Typeタカサゴ(グルクン)…ロケ地:沖縄

 

f:id:jhkblog:20160502012259j:plain

▲Typeブラウントラウト(手前)とアメマス(奥)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブクマやコメント、リツイートなどのリアクションをいただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします。