読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父さん がんばる。

仕事に、家事に、子育てに。 がんばる父さんの絵日記

記事一覧 ブログをはてなブックマークに追加 facebookページへ feedlyで購読する rssを表示 お問い合わせ

家族で阿武隈ライン舟下りに行ってきた。【今週のお題】

息子(たろちゃん) 娘(はーちゃん) 今週のお題

 

f:id:jhkblog:20160510003007p:plain

「ねえ、おとうさん」

「てんしょん まっくす、ってなあに?」

突然、娘が聞いてきた。

 

よく見るアニメで耳にする言葉らしい。

そこで、父さん。前を指さしこう答えた。

「あそこにいる、弟がまさに

テンションマックスだよ」と。

 

理解した様子の娘。

その視線の先には、フナや錦鯉が泳ぐ

水槽を喰い入るように眺める

息子の姿があった。

 

GW後半は、丸森町に出かけた。

宮城県最南端の山あいの町。

そこを流れる阿武隈川の舟下りが

今回の旅の目的。のはずだった。

 

しかし、息子に関しては

乗船前に旅のクライマックスを

迎えてしまったようである。

 

今週のお題ゴールデンウィーク2016」 

 若葉の息吹を感じたい!というおかあちゃんの提案で、GW後半は丸森町に出かけました。

 これまで、海に出かけることはたくさんありましたが、家族で川に行くことはなかったな。ということで、「阿武隈ライン舟下り」を楽しむことにしました。

 私たちが乗った船には、20人ほどのお客さんが乗っていましたが、子ども連れは私たちだけ。とにかく騒がないことを祈って乗船します。GW限定のサービスなのかもしれませんが、子どもたちには風ぐるまがプレゼントされました。とても助かりました。

 

 両方の川岸に広がる菜の花畑の鮮やかな黄色や新緑の萌木色を楽しみながらゆっくりとした時間を過ごすことができました。

 そして、船着き場の待合室の水槽で、旅のクライマックスを迎えてしまったたろちゃんのための隠し玉。川下りの後、山の方へ車を走らせました。その目的がこれ。

 

 GW前半は、仙台市郊外の釣り堀で楽しみました。そして、後半は川下り。今年のGWは、子どもたちに川の自然を満喫させてあげられたかなと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブクマやコメント、リツイートなどのリアクションをいただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします。