読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父さん がんばる。

仕事に、家事に、子育てに。 がんばる父さんの絵日記

記事一覧 ブログをはてなブックマークに追加 facebookページへ feedlyで購読する rssを表示 お問い合わせ

食器ふきに、麻布を使う。

家事のこと 4コマ漫画 L食器の後片付け

f:id:jhkblog:20160505013451p:plain

食器ふきは綿製の布。

それ以外の素材に変えるなんて

ことは考えたことも無かった。

 

食器の後片付けは、朝昼晩と3回。

おやつで食器を使うとそれ以上になる。

となると、次の後片付けまでに

食器拭き用の布が乾ききって

いないことがよくあった。

そのため、わが家では1日2枚の

食器拭きが必要。

それを毎日洗濯をするから、

予備にもう2セット。

 

つまり、合計6枚の食器ふきが

ないと困るのだ。

これに台拭きとお手拭き・・・

これでは、引きだしの中が

布だらけになってしまうので

ちょっとでもその数を減らしたい。

おかあちゃん、悩む。

そこで、注目したのが麻(リネン)。

すぐに乾いて、綿より丈夫。

吸水性も綿の4倍なんだとか。

 

スポンジの水切れに

こだわるように、

キッチンはできるだけ水気が

残らない衛生的な環境にしたいと

おかあちゃん、意識する

 

くどいかもしれませんが…言わせてください。

f:id:jhkblog:20160505013745p:plain

 

 

 前回のおさらい。わが家では、水切りカゴをやめて、すすいだ食器はマイクロファイバー製のキッチンタオルの上に置いています。

 

 そして、今回の話。わが家では、洗った食器に残った水を拭き取る布の素材を綿から麻に切り替えました。綿より乾きが早く、吸水性に優れているということで使っているのですが、麻の吸水性を実感できるのは、ある程度使い込んでからになります。

 この記事を読んで、試してみようと思われた方。「あれ?」と思うかもしれませんが、数カ月辛抱して使ってみてください。

 麻に切り替えてからは、1日1枚でその役目を果たしてくれています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブクマやコメント、リツイートなどのリアクションをいただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします。