読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父さん がんばる。

仕事に、家事に、子育てに。 がんばる父さんの絵日記

記事一覧 ブログをはてなブックマークに追加 facebookページへ feedlyで購読する rssを表示 お問い合わせ

娘、魚釣りがんばる。【今週のお題】

娘(はーちゃん) 育児のこと 食育のこと 封筒魚 今週のお題

 

f:id:jhkblog:20160501053938p:plain

 

「魚釣り、行こうか?」

の提案に、子どもたちが喰いついた。

 

はーちゃんも小学生になったし、

たろちゃんは魚に夢中だし。

ことしのゴールデンウイークは魚釣りに

連れて行ってあげようと思いつく。

 

おかあちゃんには、ひとりの時間を

プレゼント。

だから仙台郊外の釣り堀に、3人で出発。

 

釣竿2本を借りて、エサには

釣り堀のおばちゃんおススメの

生エビをチョイス。いざ参らん!

 

はーちゃんの竿にエサをつけて

適当に放り込む。

たろちゃんは、父さんと一緒。

もうひとつの竿にエサを

つけていると、はーちゃん

いきなり魚をゲット!

 

こちらも負けじと、放り込む。

しばらくすると、

はーちゃん2匹目をゲット。

たろちゃんに竿を託して

魚の針をはずしていると

たろちゃんの竿にあたりが。

 

1時間の釣果は

はーちゃんアメマス3匹。

たろちゃんブラウントラウト1匹。

父さん、1匹ばらして終了。

 

4匹の魚は、早速焼いてもらった。

「自分で釣ったお魚、おいしいね」

はーちゃん

この言葉を待っていた。

 

家に帰って母親に自慢げに話す

子どもたち。

その日の夕飯も残さず食べた。

魚釣りを体験して、食べ物の

ありがたみを感じたみたいだ。

 

これからも、子どもたちを

釣りに連れていこう。

 

それまでに父さん、

釣った魚の針の外し方

覚えるから。。。

 

今週のお題ゴールデンウィーク2016」 

 

 仙台市の中心から30分くらいのところにある、釜房渓流釣りにいってきました。GW中の割には、お客さんでいっぱい、というわけではなくラッキーでした。

 釣った魚は、さばいてもらい竹串にさして焼き魚に。1匹200円、ウェブサイトのトップページをプリントアウトして持参すると、使用者1人当たり1匹分をサービス。ということで、2匹分をサービスしてもらいました。

f:id:jhkblog:20160522013123j:plain

 

 「また行きたい、早くお魚釣りたい!」と興奮冷めやらぬ子どもたちのために、封筒魚を作りました。

f:id:jhkblog:20160501095758j:plain

▲Typeブラウントラウト(手前)とTypeアメマス(奥)

 

 以前、封筒魚の作り方を紹介した時のコメントでアイデアをいただいたので、口にクリップをつけて磁石で釣れるようにしてから、子どもたちと遊ぼうと思います。

 封筒魚の作り方は、こちらでまとめています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブクマやコメント、リツイートなどのリアクションをいただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします。