読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父さん がんばる。

仕事に、家事に、子育てに。 がんばる父さんの絵日記

記事一覧 ブログをはてなブックマークに追加 facebookページへ feedlyで購読する rssを表示 お問い合わせ

父さん、フライパンを洗う。

父さん(私) 家事のこと 4コマ漫画 L食器の後片付け

f:id:jhkblog:20160429062709p:plain

洗い物は食器だけじゃない。

鍋やフライパンも同じ方法で

汚れを落とす。

ごはん茶碗や炊飯ジャー

麺をゆでた鍋などを先に洗い、

みそ汁などの鍋や器が次、

最後に油汚れ、という順番。

 

ただし、フライパンは例外。

わが家は、表面加工がされていない

鉄製のフライパンを使っている。

 

洗剤を使わず、アクリルたわしで

こすり洗いした後は、外側の水を

拭き取りガスコンロの上に置く。

 

そのあと、弱火でゆっくり空焚きして

表面から煙が出てきたら急いで火を消す。

これが、わが家のフライパンの片付け方。

 

フライパンの汚れ落としにおススメです。

f:id:jhkblog:20160429062726p:plain

 

 

 

 表面に焦げ付き防止加工が施されているフライパンは、スポンジ洗いが基本ですが、鉄製のフライパンは焦げ付きにくくするため、表面の油分を残すほうが良いとされています。

 そこでフライパン洗いに洗剤を使わずブラシでこすって水洗いします。

 フライパン洗いのアイテムはいろいろ試した結果、毛足が細くて長い。でも、丈夫で腰が強く絶妙な「しなやかさ」をもったサボテン繊維のものを使っています。サボテンと言ってもトゲを使うのではなメキシコ産のパキン(タンピコ麻)と呼ばれるリュウゼツラン科の多肉植物からとれる繊維なんだそうです。100円ショップで売っています。

 ボディーブラシとしても使われるくらいですからソフトな使い心地でもしっかり汚れが落ちるのも納得です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブクマやコメント、リツイートなどのリアクションをいただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします。